東京都-江東区

東京都 江東区章          東京都 江東区_所在地

この地域を応援する

 


目次


 


Facebookページ

東京都 江東区地域振興

 


江東区特産市場

東京都 江東区を応援する商品はこちら

 

>>すべての商品を見るにはこちらから

 


地域振興サービス

①余計なコストをかけず普段の買い物で地域を応援できる東京都 江東区のReviewPrice.comはこちらから利用ください。
ReviewPrice.comの説明はこちらから

②東京都 江東区のReviewPrice.comはこちらから
ReviewPrice.com 東京都 江東区

 


江東区の歴史

江東区(こうとうく)は、東京都の特別区のひとつで、23区東部に区分される。 東京都の東部、隅田川と荒川に挟まれた位置にあり、東京湾に面している。 江戸時代に埋め立てが始められた地域であり、江戸の東端にあたり、深川地区(旧深川区)には富岡八幡宮をはじめ神社仏閣が数多くある。区内陸部は古くから住宅地および工業地域として、亀戸には鶴亀の亀戸天神社、また錦糸町駅南側は遊興地域として発展してきた(ただし、錦糸町駅およびその南部は首都高速7号小松川線まで墨田区である)。また、区周辺部、特に臨海副都心や南砂地区などは大規模マンションや医療・福祉施設の建設が相次いでいる。豊洲地区や夢の島地区には子供向け施設が充実し、近年はマンション建設が相次ぎ人口が増加しているが、区による少子化に伴った小学校の統廃合が行われた後の人口増加のため、統廃合が行われた小学校では生徒の受け入れが困難な状況である。同様に、保育園も不足する事態に陥り、待機児童が増加している。 区内西部(東京市深川区に相当)は関東大震災および東京大空襲などを経て区画整理がされている。

 

 


江東区の観光スポット
スポット名をクリックで外部観光案内サイトに飛びます。

清澄庭園

清澄庭園
泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれています。  この地の一部は江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716~1736年)には、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり、その頃にある程度庭園が形づくられたようです。  明治11年、岩崎弥太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として一応の竣工をみました。弥太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。  清澄庭園は、関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救いました。岩崎家では、こうした庭園の持つ防災機能を重視し、翌大正13年破損の少なかった東側半分(現庭園部分)を公園用地として東京市に寄付し、市ではこれを整備して昭和7年7月に公開しました。

 
東京ビックサイト

東京ビックサイト
東京ビッグサイト(東京国際展示場)は、展示ホール、国際会議場、レセプションホール などを備える日本最大のコンベンション施設です。

 
深川江戸資料館

深川江戸資料館
深川江戸資料館(ふかがわえどしりょうかん)は、江東区立の江戸時代に関する資料等 を収集、保存及び展示している資料館。公益財団法人江東区文化コミュニティ財団が 指定管理者として、管理・運営している。

 
キッザニア東京

キッザニア東京
キッザニアは楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。 体験できる仕事やサービスは、90種類以上!本格的な設備や道具を使って、こども達は大人のようにいろいろな仕事やサービスを体験することができます。

 
大江戸温泉物語

大江戸温泉物語
元気がわく温泉宿・温浴施設・テーマパークを 全国で、ご提供させていただいております。温泉宿では、いい温泉とうまい料理、そして 独自の多彩なエンターテイメントをとびきりリーズナブルな価格でお届けいたします。

 
深川八幡祭り

深川八幡祭り
富岡八幡宮の例祭は8月15日を中心に行われます。俗に「深川八幡祭り」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられています。3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、その内大神輿ばかり54基が勢揃いして連合渡御する様は「深川八幡祭り」ならではのものです。

 
砂町銀座商店街

砂町銀座商店街
砂町銀座商店街(すなまちぎんざしょうてんがい) は東京都江東区北砂にある商店街。戦前は30軒程度の商店街だったが、1945年(昭和20年)の東京大空襲で焦土と化した。戦後に店舗数が増え始め1963年(昭和38年)ごろに長さ670メートル、店舗数約180のほぼ現在の形になり、今もなお昭和の色影を残した下町の商店街である。8月上旬に七夕まつり、毎月10日には「ばか値市」と呼ばれる大安売りを行っている。平日で1日のべ15,000人、休日でのべ20,000人が訪れる。

 
東京都現代美術館

東京都現代美術館
東京都立木場公園の北辺に、1995年(平成7年)3月に開館した。現代美術の紹介と国際的な視野での企画の実現を目指しており、東京都美術館が収集してきた現代美術コレクションを中心に、日本の戦後美術を概観できる日本国内でも優れたコレクションを持つ。 延床面積 33,515 ㎡ という日本最大の美術館建築(分館を含めた場合日本2位)で、広いスペースを誇る常設展示室は1階と3階の計10室ある。1階展示室では第二次世界大戦後まもない頃の不安と混沌を反映した時代から、1970年代まで約30年間の美術の流れが一通りたどれるようになっている。3階展示室では、現存作家の作品を中心に、現代美術のさまざまな傾向を見ることができる。企画展示室には、巨大化する傾向のある現代美術作品が展示可能な、広大な吹き抜け空間が準備されている。

 

 


外部リンク

  ・Wikipedia江東区
  ・東京都江東区公式ホームページ
  ・江東おでかけ情報局

 


代表者

☆のところを、@に変更してご連絡ください

坂本 e-mail:tokyokotoward☆gmail.com

 

 


THE EARTH 東京・江東地域振興基金へ

申込番号※を上記連絡先から代表者に確認の上、基金へお申込みください。

※該当基金へ参加した順番が申込番号となります。
(例・・・発起人は1、第3期の1番目の方は第1期1名と、第2期5名の次番号となる7)

>>基金の参加はこちら

 


地域振興事業への助言について

本ページ作成を含め、地域振興事業はコンサルティングファームあんど弥からの助言およびあんど弥プレミアムメンバーからの情報提供を受けて行っています。

>>あんど弥プレミアムメンバーの情報はこちらから

© 2013 A.G.K. Ants Global Keeping. Powered by Ants International L.P